NMNと遺伝子

聞き覚えのある方もいらっしゃると思われますが、サーチュイン遺伝子とは、抗老化遺伝子とも呼ばれるもので、別名長寿遺伝子または長生き遺伝子と呼ばれており、このサーチュイン遺伝子の活性化により、寿命延長効果があるとされているものです。

錠剤サーチュイン遺伝子の作用メカニズムは、1999年に見い出されたもので、アメリカのマサチューセッツ工科大学のグループが研究発表したものです。論文によると、サーチュイン遺伝子の活性化によって合成されたサーチュインタンパク質は、染色体たんぱく質とDNAの結合に作用するとされており、この時遺伝的な調節を行うことで、寿命を延ばすのではないかと考えられています。現段階では、いくつかの真菌や線虫、ショウジョウバエなどで実験がなされ、寿命延長効果が確認されていますが、これらの実験そのものが肯定されているものではありません。

サーチュイン遺伝子は、空腹による飢餓やカロリーの制限などによって活性化されますが、最新の研究ではNMNと呼ばれるニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドによっても、活性化が起きたとされる論文が発表されたことは、記憶に新しいことでしょう。サーチュイン遺伝子の研究は、まだ始まったばかりといえる段階で、まだまだ解明されていないことが多く残されています。一方で、ブドウの果皮などに含まれている、レスベラトロールと言うポリフェノールの一種によっても、活性化が高まることが知られてきました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×